値段の安い錦鯉は大丈夫? 通販やホームセンターで買える値段の安い錦鯉について

安い

最近では水槽で錦鯉を飼う方が非常に増えてきており、通販やホームセンターで安く錦鯉を購入できるようになってきました。

値段は安い錦鯉だと1000円前後価格で販売されており誰でも簡単に買えるのが魅力の一つです。

今回は水槽で値段の安い錦鯉を飼う方法と安い錦鯉の健康や安全性について解説したいと思います。

なお、高い錦鯉については「錦鯉の価格の最高値は2億円!?ハイパークラス錦鯉の価格について勉強する」、錦鯉の全体的な価格については「錦鯉の値段はいくらくらい!?水槽で飼う錦鯉から過去最高値の錦鯉まで。」にて詳しく解説しているので一緒に読んでみてください。

値段の安い錦鯉は大丈夫か

錦鯉は価格差が非常に大きい生き物です。

インターネット通販では1000円前後の錦鯉から数十万円の錦鯉まで様々でどの錦鯉がよいのか判断ができないと思います。

また、ホームセンターやアクアショップでも錦鯉が販売されており小さな錦鯉は同じく1000円前後で販売されています。

「値段が安い錦鯉は弱っているのではないか?」「奇形など問題があるのではないか?」と疑問に思われる方も多いかもしれませんが値段が安いのには理由がしっかりとあります。

結論としては、自分の目で見て確認して購入するか、信頼ができる養鯉場から購入すれば外れは少ないと思います。

以下で錦鯉が安く販売されている理由を解説します。

錦鯉の値段が安い理由

錦鯉が安い価格で販売されている理由としては、以下などがあげられます。

選別からはじかれた錦鯉だから安い

錦鯉は産まれて稚魚の段階から大きくなるにつれ選別という作業で将来有望な錦鯉のみに絞り込まれていきます。

錦鯉は大きさと形、そして最も重要なのが模様です。

この模様などが将来期待できない錦鯉は稚魚の段階で選別ではじかれてしまいます。

はじかれた錦鯉は殺されるわけではなく、一部はホームセンターやインターネット通販などで安く販売されるわけです。

錦鯉の模様は成長につれて変化するものですが、養鯉場の担当者は経験から優れた錦鯉を判断しています。

しかしながら、大量に毎年産まれる錦鯉を一匹一匹細かく観察することは難しく中には将来美しい錦鯉に成長する掘り出し物の錦鯉も含まれているかもしれません。

また、インターネット通販やホームセンターなどで安い錦鯉を購入されるかたは池ではなく、水槽で飼う方も多いでしょう。

養鯉場で選別される錦鯉は上からみて将来有望な模様になる錦鯉を探しています。

水槽で飼う場合は上から見るよりも横から錦鯉を見ることが多いとおもうので、横から見て美しい錦鯉は安く探せると思います。

稚魚のため錦鯉の価格が安く販売されている

インターネット通販やホームセンターで販売されている安い値段の錦鯉は稚魚や1歳など若い錦鯉が多いです。

これは上記もしていますが、早い段階で選別ではじかれた錦鯉が流通するからで稚魚のほうが大きさも小さく流通費用も高くないため、小さい錦鯉が安く販売されます。

また、錦鯉は模様や形状も重要ですが、大きさが大きいほど価格が高くなる傾向があります。

そのため、純粋にホームセンターで販売されている錦鯉は大きさが小さく5cm程度の錦鯉が多いと思います。

水槽で飼う場合、大きさはあまり求めないと思うので安い錦鯉のほうが都合がよかったりもしますね。

購入者が選ぶことができずランダムで発送されるから安い

インターネット通販に限ったことですが、錦鯉を選ぶことができずランダムで販売者にお任せして発送してもらうため、安くなることもあります。

購入者が選定できない錦鯉の時点で選別ではじかれた錦鯉の可能性はありますが、例えば「特定の模様の錦鯉の在庫がかさんでいるため多めに出荷する」など購入者都合で発送できるため安くできるのです。

ランダムで安い錦鯉を販売する業者も奇形や病気の錦鯉は販売しないと思います。

インターネット通販のレビューで低評価をもらうことを恐れておりある程度健康状態は担保された錦鯉がほとんどです。

値段の安い錦鯉を購入するのであれば通販で直接養鯉場から購入するのがおすすめ

錦鯉

値段が安い錦鯉を購入する場合、どの店舗から購入するのがよいでしょう。

最もおすすめなのが養鯉場から購入する方法です。

養鯉場は錦鯉を生産している場所で牧場の池版といったところでしょうか。

養鯉場でも楽天市場などインターネット通販で安い錦鯉を販売している業者が多いです。

メリットとしては、生産者直送なので余計な中間流通もなく、価格が安く手に入ることです。

デメリットとしては、安い錦鯉は一匹一匹指定して購入することができないため、養鯉場の担当者次第で模様や健康状態の良し悪しが決まってしまう点です。

また、一般的には自宅から最寄りのホームセンターやアクアショップよりも遠くにあるので、流通輸送時間が長く錦鯉が弱ってしまう可能性もあります。

ホームセンターで安い錦鯉を飼う場合ここに注意

ホームセンターやアクアショップで安い錦鯉を購入する場合、何点か気を付ける点があります。

具体的にはしっかりと錦鯉の品質を見極めることです。

多くのホームセンターやアクアショップではまとめて小さな錦鯉が水槽に入って販売されており一匹〇〇円といった販売方法だと思います。

店員さんからすると同じ水槽に入っている安い錦鯉はどれが売れても同じ感覚です。

そのため、できる限り体格がしっかりしているもの、背骨がまがっていないもの、うろこが剥げていないものを選ぶようにしましょう。

模様に関しては、紅白やプラチナなどの種類は選定する必要がありますが、その中で現段階で模様がきれいかどうかはあまりあてになりません。

大人になるにつれ模様は変わるものなので、自分が気に入った錦鯉を選ぶのが愛着がわくので大切なことかもしれません。

値段の安い錦鯉の餌は大丈夫か

上記では錦鯉自体の価格の安いものについて解説しましたが、錦鯉に関しては餌など飼育するにあたり必要なものに関しても価格にばらつきがあります。

餌に関しては、一袋の大きさにより大きいほうがグラムあたりの単価は安くなります。

また、同じ容量の餌でもメーカーにより価格が変わってきます。

養鯉場のスタッフは各自こだわりや考えがありますが、自宅の水槽で飼う分に商品の価格の違いはそこまで気にする必要はないと思います。

しいて言えば、季節による餌の与え方を気にすることが重要でインターネットで購入するのであれば楽天スーパーセールなど価格の安い日を狙って購入するのが賢い購入方法だと思います。

錦鯉の餌の与え方については「錦鯉の餌の種類と与え方のポイント」に詳しく解説しているので参考にしてみてください。

値段の安い錦鯉は大丈夫? 通販やホームセンターで買える値段の安い錦鯉のまとめ

値段が安い錦鯉は健康状態に問題がないか心配ですよね。

結論としては問題はなく、理由としては、以下などで値段が安くなっています。

  • 選別からはじかれた錦鯉だから安い
  • 稚魚のため錦鯉の価格が安く販売されている
  • 購入者が選ぶことができずランダムで発送されるから安い

安い錦鯉でより品質が高いものを購入したいのであれば直接養鯉場から買うのがおすすめです。

中間マージンがかからずより安く買えます。

一方で安い錦鯉の場合、商品選定が養鯉場スタッフが行うため、希望にあった錦鯉が届くかどうかは運しだいといったデメリットもあります。

ホームセンターやアクアショップで安い錦鯉を購入する場合、選ぶ楽しさがあるので愛着がわく一匹を探し出してみてください。

あわせて読みたい