紅白 錦鯉の王道

錦鯉を代表する紅白

紅白

錦鯉をイメージすると最初に想像できるのが紅白という鯉だと思います。

紅白のは錦鯉の中でももっともメジャーな鯉の種類でありわかりやすいデザインです。

紅白について詳しく解説したいと思います。

紅白は錦鯉の王道 日本で一番人気の鯉の種類

紅白は白の上に赤い模様のみの2色で構成されている鯉の種類です。

緋盤(ひばん)とよばれる赤い模様が全体の半分程度入っています。

錦鯉の中でも最も基本的な鯉の種類で、鯉を飼い始めるのであれば1匹は選ぶべき鯉だといえます。

人気があるだけに日本で最も流通しているのが紅白で鯉が売っているホームセンターなどでも数多くみかけます。

紅白はバランスと紅の濃さが重要


真っ白い肌に色むらがなく濃い紅がきれいに入っているのが紅白の優れている姿です。

白と紅の境目がはっきりしているほうが価値が高いといえます。

また、バランスも非常に重要です。

サシと呼ばれる「あたまとからだの境目の白い部分」が深く均一になっている鯉が成長してもきれいに見える鯉になります。

また、「尻尾の手前の背びれのあたりにある白い部分」をキワと呼ばれています。

キワも同じく紅部分と白い部分がきれいに分かれているものがよい鯉とされています。

紅白は鯉の中でも成長すると模様が変化しやすい

人間も成長すると体の体質や見た目がかわるように錦鯉も成長により模様がかわります。

紅白も成長により模様がかわりますが、よい鯉を選ぶには購入段階から成長してもよい模様が残る鯉を探すことが重要です。

よい模様が残る鯉は2つのポイントがあります。

紅部分が深く厚みがある

非常に曖昧な表現ですが紅部分の厚みがあり深みがある錦鯉は成長しても紅部分がよく残ります。

紅白の鯉は成長すると赤い部分が消えてしまい残念ながら真っ白になってしまう鯉もいます。

表現がしずらいのですが、紅部分の皮膚部分が何十にも赤く深く色が入っている錦鯉が優れています。

購入するときには、一匹だと判断しにくいのですがほかの鯉と比較すると、どちらの紅白が深い紅かわかると思います。

人によっては「ペンキを何度も上塗りをしたような厚さ」と表現することもあり質の高い鯉を選ぶポイントだと思います。

紅部分がぼやけていない

紅部分と白い部分がぼやけていると成長すると紅白ではなくただの白い鯉になってしまう可能性があります。

優れた紅白は境目が明確ではっきりしています。

一方紅部分が消えかかっている鯉はぼけている感じがします。

判断方法として鱗単位でみたときに1枚の鱗の一部分が赤く、一部が白くなりまざっているものは消えかけている模様です。

厚みがあっても将来的にはその部分は消えて白くなってしまう可能性が高いです。

昭和三色や大正三色のような鯉の黒い部分は消えてもまた再び色が戻ってくることがあります。

しかし、紅白の紅部分は一度消えると再びでてくる可能性が非常に低いです。

紅白の錦鯉の紅を活かすのは白地

何事も際立つためには一歩引いたものがあるものです。

紅白のような錦鯉の場合、下地の白色が純白に近ければ近いほど紅部分が際立ちます。

残念な紅白の鯉の場合、下地の白部分がぼやけておりクリームがかった色になっていることもあるので紅白の錦鯉を購入する場合は白地部分が白い鯉を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい